2012年10月19日

スネール対策にドワーフ・ボーシャを導入。はたして・・

毎朝スネールを摘みだして疲れてきたので、スネール対策に
生体を追加することを決めました。
全滅しないまでも、大量発生は勘弁してほしい・・・

現在約40cm幅の水槽に
ミナミヌマエビ2、シマドジョウ1、メダカ7(卵持ち)
オトシンクルス1 の構成です。

候補としてはエビやメダカを襲わないものとして
スネールキラースネールという選択も
あったんですが、前から気になっていた
ドワーフ・ポージャに決めました。(以下はチャームさんへのリンクです)

▼ドワーフ・ボーシャ(1匹)《北海道・九州・沖縄航空便要保温》

価格:1,160円
(2012/10/18 17:26時点)
感想(32件)




色々検索して、ブログ等を拝見したところ
固体により、水槽内で暴れん坊ぶりを発揮するものから
すごくおとなしいものまで
かなり差があるとのことで、躊躇していたんですが・・・
探しに行った店の水槽で泳いでいて
ユーモラスな顔をしていたので、思わず購入♪

店員さんが水槽に網を入れて捕まえようと
追いかけるのですが、すばしっこくて速い!
中々つかまりませんでした。

これだけ動き回る魚がうちの水槽におさまるかな?!
と若干不安がよぎりました。

持って帰り、水あわせ。
DSC03100.JPG
可愛いですね〜。

2時間ほど置いて、放流してみました・・・・。ドキドキ。

すると、あれだけお店の水槽で泳ぎまわっていたドワーフ・ボーシャが
見当たりません!
探していると、流木の下でジ〜ッとしているのを
発見。以外にもおとなしい!

しばらく観察していると、どうもシマドジョウと同じところを
ウロウロしています。気が合うのか、同士だとおもっているのか・・
とにかく暴れまわる心配はなさそうで、安心^^

同時に連れて帰ったミナミヌマエビ2匹と共に、我が家の水槽に
新たな仲間が加わりました。
posted by ロディ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽、アクアリウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。